民事

contact_tel.pngメールでのお問い合わせ

交通事故問題

  • 交通事故で相手と揉めている
  • 保険会社が提示してきた示談内容に納得できない
  • 後遺症が残ってしまった
  • 治療を継続したい
  • 慰謝料をきちんと請求したい
  • 仕事に支障が出たので、その分も補償して欲しい

交通事故で怪我をした場合は、整形外科や整骨院に通うことになりますが、むち打ちなどは治療が長引きやすく、治るまでに半年程度かかることも珍しくありません。

しかし、保険会社によっては途中で治療の打ち切りを打診してくることがあります。
また、治療を続けても症状が取れない場合は、症状固定といって後遺障害の認定を申請する必要があります。

これらの過程の中で、自分の納得いくように治療を進めることができない、思ったような後遺障害の等級認定が認められないといったことでトラブルになることがあります。
保険会社はこういった交通事故対応のプロで、知識がないままやり取りをしていると、泣き寝入りするしかなくなってしまうこともあります。

弁護士に相談していただければ、交渉などもすべて代理人として行いますので、お気軽にご相談ください。

弁護士に相談するタイミングについて

症状固定(治療が打ち切りになって症状が残ったままだと判断されること)の時が、弁護士に相談される一つの目安となりますが、それ以前からご相談いただく方もいらっしゃいます。もちろん早めにご依頼いただければ、早い段階から適宜アドバイスさせていただくことは可能ですが、治療中は基本的に後遺障害の等級が確定しないため、それを待つことになります。

どのタイミングでも構いませんので、気になった時にお気軽にご相談いただければと思います。

不動産問題

  • 購入した家に欠陥がある
  • 家賃や立ち退きのことで、オーナー・借り主間で揉めている
  • 賃貸借契約の内容を確認して欲しい
  • 土地の境界線で争っている
  • 不動産登記ができていなかった

不動産問題は、賃貸・売買のどちらの場合においても、様々なトラブルに発展する可能性があります。誰もがどこかの住まいを借りるか買うかすることになるため、ほとんどの方にとって身近な法律問題であるとも言えます。

土地や建物のことは専門的な知識がなければ相手に言いくるめられてしまうこともあるため、何かトラブルが起きた時、あるいは起きそうな時は、早めに弁護士に相談するようにしましょう。

弁護士に依頼するメリット

不動産問題にはいろいろな種類がありますが、過去の判例と照らし合わせることで、問題解決の方向や見通しがつくようになります。また、当事務所は不動産鑑定士や税理士などとも連携していますので、それぞれの専門性を活かして依頼者様のお悩みを解決して参ります。

借金問題

  • 借金が積み重なって、返済の見通しが立たない
  • 返済しても元本が減っていかない
  • 状況を整理して、改めて返済計画を作りたい
  • 督促が厳しい
  • 過払い金の返済を請求したい
  • 自己破産を考えている

借金を整理するためには、主に3つの方法があります。

まず、定期的な収入があり、債務者との話し合いの中で借金返済計画を改めて考えるのが任意整理です。こちらは裁判所の介入はありませんが、弁護士が代理人として交渉を行うことは可能です。

続いて、定期的な収入があり、家庭裁判所を介して借金を整理するのが個人再生です。家を残したい方にはお勧めの方法です。

そして最後にご紹介するのが、自己破産です。こちらは毎月の借金返済が困難な場合に、裁判所の手続きを経て借金をなくすことができます。ただし、家を持っている方は手放さなくてはなりません。

弁護士に依頼するメリット

借金解決の方法は複数あり、どれが最適な選択肢になるのかは依頼者様のご状況やご希望によって変わります。そんな時、弁護士にご相談いただければ、それぞれのメリットとデメリットを踏まえて解決の方向性を示すことが可能です。また、弁護士を代理人に立てることで債権者との交渉をしなくて済むようになり、督促も止まります。

借金問題で悩んでいる方は、早めにご相談いただければと思います。

伊藤文隆法律事務所日記
contact_tel.pngメールでのお問い合わせ